ニュース

「新型コロナウイルス」について

2020/04/06

2020年4月5日、気仙沼エリアに感染者と濃厚接触者が確認されました。
残念ながら当エリアは、新型コロナウイルスに対し決して高い意識とは言えない状況です。しかし、仙台や東京や世界で起きていることはまさに「対岸の火事」ではありません。現在の国難を真摯に受けとめて乗り越える必要があります。
そこで、私たちMURACOグループでは下記の様に「モラルある行動」を極めて真剣に取り組みます。


①不要不急の外出を避けます。
②人のいる場所(車両内や会社内など)ではマスクを着用します。手作りマスクを4月10日までに作成し必要な社員全員に配布します。
③会社内の出入口では常に備え付けの消毒液で手を殺菌します。
④朝などに37.5度以上の熱がある時は出勤をせずに連絡体制を整えます。
⑤内勤者の一部を4月17日までにテレワークに移行します。
⑥本日、上記内容をグループ全体に「社員サイト」にて確認できるよう指示をして取り組みます。


大変失礼とは存じますが、来社するお客様や協力会社様におかれましては、今般の情勢をご理解していただき「マスク着用」と「手の殺菌」へのご協力をお願い致します。また、3密を避けることや人との接触を減らしていくという政府方針を鑑みて、当エリア以外の訪問者及び営業活動は控えて戴きたく存じます。「WEB」での対面打ち合わせを積極的に進めて参ります。

私たちは東日本大震災という難を乗り越えてきました。今回は「ひとりひとりの意識」で十分に感染拡大阻止に貢献できることを信じています。自分自身の命や健康と「他人の命を守る行動」です。従って、前向きに「目の前の出来ること」を一つ一つするしかありません。再び来るかもしれない逆境に立ち向かう為にも微力ながら感染の拡大を阻止します。

共に生き抜きましょう。

ニュース一覧